MENU

放置すると怖い歯ぎしりの二次障害


歯ぎしりの副作用(二次障害)についてまとめました。

 

 

歯ぎしりは睡眠中、無意識にしていることが多い為、本人には自覚がないケースが多いようです。

 

原因としては肥満やストレス、顎が小さいなどの骨格の問題と言われています。

 

家族から歯ぎしりを指摘されて初めて気づいたという人もいらっしゃるでしょう。

 

 

皆さんは歯ぎしりを放置しておくと二次障害を起こす可能性があることをご存知でしょうか。

 

主に

  • 顎関節症
  • 口顎ジスキネジア
  • 睡眠時無呼吸症候群
の3つです。

 

気になる歯ぎしりの副作用を説明します。
放置すると怖い歯ぎしりの二次障害は以下の通りです。

顎関節症(がくかんせつしょう)

あごの関節がカクカクしたり、痛みを伴ったり、筋肉がこわばって口が開けにくいと感じた場合は、顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性が疑われます。放置して悪化すると、食事を食べられなくなる場合もあるので注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群

また歯ぎしりの症状があまりにもひどいと、睡眠時無呼吸症候群の可能性も考えられます。因果関係についてはハッキリと明らかになっていません。しかし無呼吸状態になる前に、激しい歯ぎしりをしていたという報告が多くあります。

口顎ジスキネジア

皆さんは口顎ジスキネジアという言葉を聞いたことがあるでしょうか。口顎ジスキネジアとは、無意識に口を閉じてしまったり、逆に開いてしまったり、舌が前に出てしまう症状です。そのような人が口腔外科を受診すると、歯ぎしりと診断されるケースもあります。

 

 

歯ぎしりの治療に、よく用いられるのがマウスピースです。

 

歯ぎしりのせいで歯に悪影響(酸蝕症)が起きている場合、まず虫歯の治療を行います。

 

続けて噛み合わせを調整した後で、ナイトガードというマウスピースで治療を行うのが一般的です。

 

ナイトガードは、夜眠る時に装着します。

 

マウスピースの効果は、歯ぎしりによる力から歯・歯茎を守ることです。

 

マウスピースを使用すると、歯・歯茎に伝わる力を分散することができます。

 

 

その為、歯、歯茎に伝わる力が少なくなるようです。
ちなみに歯ぎしりに悪影響を及ぼす、薬があると言われています。

歯ぎしりが起きる可能性のある薬


歯ぎしりが起きる可能性がある薬は以下の通りです。

セロトニン再吸収阻害薬

うつ病の治療薬のセロトニン再吸収阻害薬を服用すると、睡眠中に起こる歯ぎしりの症状が悪化しやすいと言われています。

 

これは一種の副作用のようなものです。

 

うつ病が治ってもセロトニン再吸収阻害薬の影響で、歯ぎしりが悪化してしまうと考えられています。

 

噛み合わせは常に変化していることを皆さんは知っていますか。

 

 

人は成長や虫歯治療・歯周病・歯のすり減り・老化などの変化に対応する為に、歯ぎしりで噛み合わせを調整しています。

 

 

自然な変化なので体にとっては必要なことです。

 

 

しかし、虫歯を放置したり歯周病を発症したりすると、短期間で噛み合わせが変わる為、歯ぎしりが強くなります。