MENU

歯ぎしりサプリと相性の良い歯ぎしりグッズ


歯ぎしりサプリと相性の良い歯ぎしりグッズをまとめました。

 

 

寝ている間にギリギリと歯をすり合わせたり、食いしばってしまう歯ぎしりは歯に大きな負荷がかかったり歯周病を進行させるなど決して放っておいていいものではありません。

 

 

就寝中のことなので、なかなか自分で気が付かないこともありますが、歯科での定期検診などで指摘される場合もあるので、その場合は歯ぎしりグッズやサプリなどを使って対策を取りますね。

 

 

ここではそんな歯ぎしりサプリと相性の良い歯ぎしりグッズをまとめてみました。

 

 

各種器具によっては商品種類も豊富ですが
大きく分けるとマウスピース、サポーターが主です。

歯ぎしりくん


まず、マウスピース型の歯ぎしりくんを説明します。
歯ぎしりくんは簡単に自分専用のマウスピースが作れる歯ぎしりグッズで、装着することで歯が直接触れないのでギリギリ、キリキリとした不快な音を出すのを防いでくれます。お湯につけて温め、奥歯で噛むだけで型がとれるのでぴったりフィット。形成に失敗しても温め直せば何度でも作り直すことができます。

GO! GO! NOT


いびき防止効果が期待できるサポータータイプの歯ぎしりグッズにGO! GO! NOTがあります。GO! GO! NOTとは口を閉じるようにサポートしてくれるので、正しい鼻呼吸を促進し、歯ぎしりも予防します。小顔矯正効果もあるので、女性にもおすすめです。

歯ぎしりピタリ


歯ぎしりピタリは歯科医師と共同開発したマウスピースタイプの歯ぎしりグッズですが、面倒な形成がいらずそのまま奥歯に装着するだけで歯圧を抑えて快適な眠りを促します。シリコン製なので毎日洗えて清潔に保つことができます。奥歯にはめて眠るだけなので違和感も少なくて済みます。

スージーマウスピース


スージーマウスピースとは快眠グッズでおなじみのスージーシリーズのひとつです。軽くかみしめるだけですが、3点で支える構造でフィット感も高くお手入れも簡単です。装着も簡単。

 

歯ぎしりを抑えることは歯の負担だけでなく首や肩の疲れも軽減できますので、毎日の装着を心がけましょう。

 

携帯用のケーズがついている場合も多いので、自宅以外の宿泊先にも忘れずに持参しましょう。簡易マウスピーズ型のグッズはかみしめることでマウスピース自体にも負荷がかかっています。

 

長く使い続けることで劣化したり破損したりすることがありますので、チェックを怠らずに不具合があればすぐに新しいものに交換するようにしましょう。

 

 

サプリは根本的な解決を目指しますが、効き目が緩やかなことも多いので、直接的な歯ぎしり対策として優秀なグッズを賢く使って静かな眠りを手に入れてください。

噛み締めではマウスピースでも悪化することも


これは筆者の実体験になりますが、
マウスピースを付けて痛みが悪化したことがあります。

 

 

長らく歯ぎしりをしていてマウスピースを歯医者で作ってもらいました。

 

ですが、付けはじめて一週間くらいで顎の付け根が痛みだしたので
もう一度歯医者に言ったのですが、原因不明でした。

 

別の病院へ行くと顎関節症かもしれないと言うことで
別のマウスピースをもらったのですが
それでも痛みが悪化していきました。

 

今思えば、これはストレスの原因が解消されないため
噛み締めが続いていたからではないかと思います。

 

マウスピースはシリコン素材で歯の摩擦を抑えてくれるものですが
長時間噛み締めていると顎に疲労が蓄積するのかと。

 

解消方法としてはストレスの原因を改善するか

 

まぁ、これは難しいですけど。

 

強く噛み締められないタイプのマウスピースが良いかと思います。